住職ブログ







龍興寺の歴史



龍興寺は臨済宗妙心寺派の寺院です。

大野川に架かる鶴崎橋のたもとを川尻に向かうと、県道に面して
龍興寺の山門があり、楼上に懸かる篇額は「籐渚」と刻まれています。

 この謂れは、古代の鶴崎地方の土地成生に遡る逸話が秘めら
れている。
 その昔、大野川の汀畔に大藤が茂り、蟠龍の根に流木や土砂が三角州をなして、それを「藤島」と呼んでいたという故事に因んだもので、この「藤島」が現在の三佐・鶴崎・高田地方であります。


その後大友氏が終焉したのち、鶴崎地方は肥後の加藤清正が所領となり、このため鶴崎城は参勤交代に赴く藩主の御茶所となりました。

 創建は延文3年(1358)7代大友氏泰が大野川を遡った川添の聚楽に建立し、高獄禅師を開山に招いた祈願寺でした、しかし宗麟の代に重臣吉岡宗歓が鶴崎に居城を構え、城下の整備に着手したとき龍興寺を近くの三軒町に移転。

 こうした一時の政変に龍興寺は衰徴したものの、元禄年中(1688)湛堂祖照が寺運を再興し、師の柏翁祖棟を迎えて中興開山となりました。
 次いで大用素堂の代に弁財天を奉り鎮守堂、地蔵堂等を建立し、荘厳な伽藍を大野川に映しましたが、有為転変の時下は河川の決壊にも悩まされた。

 一方では港の繁栄に領民は経済的に発展し、その恩恵に浴して寺院の修復を行ったが、維新の廃藩置県に港の様相は後退した。
 昭和7年に大野川改修工事が進められ、これを契機に現在の地に移転。



境内は樹木の茂みに包まれた楼門の右手に観音堂が建ち、鎮守の弁天社を兼摂している。
 その前にたちはだかるように本堂と庫裡が甍を並べ、庭先の花木が献花の妙を映して、狭い境内を明るくしている、







殊に所蔵する寺宝はすぐれたものが多く、釈迦如来、阿弥陀如来像など、年代は不詳だが、鎌倉期の造立を窺せ、挟侍の観音像3体の
うち1体は安阿弥の作と寺伝しています。

この観音さんがかつては「後ろ向き観音」と呼ばれていました。
街道に向かって安置されていた観音さんの前を通ると、落馬する事故が多発したため、後ろ向きにさせられたという、なんとものどかなお話でした…

 他に不動明王、地蔵菩薩、毘沙門天画像などがありこうした歴史的遺産の裡から、絢爛な大友文化の薫りが窺える。
鶴崎地方の古刹です。


日本の歴史上最後の(公認)仇討ち事件


事の発端は文久2年(1862)江戸で起こった「横井小楠襲撃事件」

横井小楠は肥後藩士の学者で、佐幕開国論を唱えたので、尊皇派から憎悪されていた。
しかも、福井藩松平春嶽の顧問となったことも
「二君に仕えるは士の道ではない」と、反感を覚える者も居たらしい。

襲撃は失敗したものの、肥後藩江戸留守居役の吉田平之助が死亡、その息子伝太が幕府に仇討ちを申請して許可を得ていた。

3人の襲撃犯のうち、ひとり事件後も逃走していた唯一の生き残り、黒瀬一郎助が松山で捕縛されたのだけれども、肥後まで護送する途中で、覚悟を決めたのか一切食事をとらなくなり、このままでは肥後まで持たないのではとなって、急遽、肥後領であった鶴崎の当山の境内で仇討ちが行われたのでした。

当時の龍興寺は三軒町にあったが、境内中央にあった井戸と百日紅の老木の間に膜を張り、鶴崎の郡代などが見守る中、吉田の嫡男伝太は太刀を抜いて名乗りを上げたが、敵である黒瀬は、

「いかにも吉田平之助を討ったのは自分であるが、武士の意地としてやむを得ぬ、しかし既に覚悟した上は立ち合う必要も無いから勝手にせよ」
と、差し出された刀を手にすることも無く目を閉じていた。

吉田は「しからば」と、太刀を突き立てると、今度はくわっと目を見開いたまま絶命した。
死後はその首だけを熊本に持ち帰り、「東光院」の吉田の墓に供えられた。胴体部分は鶴崎に埋葬されたという。